5011

気楽に会話してました。 - 粕谷隆夫

2020/09/17 (Thu) 06:35:46

経済学部・成田傑さま。
しかし、ロシア語の先生方は、誰とでも一杯やりながら気楽に会話を楽しみましたね。2年生が新入生歓迎コンパ、3年生が卒業生追出しコンパを責任をもって担当し、その伝統を経済/経営の連中は羨ましがっていました。
佐藤優 【私のマルクス】 文春文庫 
⑩美学の破壊 ⑪思想家・渡邉雅司
 ●『本は迷ったら買え』が先生のモットー
 ●研究室にはいつもウオトカとウヰスキーが備蓄
 ●先生から学んだロシア知識人の琴線のつかみ方は、外交官になってからとても役に立った。
 ●『惚れるときは、大きな思想家に惚れないといけない。小物の思想家に惚れると、結局、時間を無駄にする』。
 小生にとっては、渡邉雅司先生と時間を共にした(1年間だけですが)中で、活き活きを保つ、人生のヒントをいただきました。  以上 

編集者の視点から - 吉澤稔雄

2020/09/17 (Thu) 11:55:42

粕谷大人殿

この掲示板(談話室)への書込みについて、段落と段落の間を1行空けると読みやすくなり、また話の内容も理解しやすくなります。

特に粕谷大人の場合、話が急にぶっ飛ぶことがあるので、連続した字面だけを追っていくと、読者は戸惑うことがあります。

段落と段落の間には空白の1行を入れて書くことをお勧めする次第です。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.