149600
雑誌「水源地」WEB版(水源地.com)を閲覧される方は、すぐ下の「ホーム」をクリックしてください。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

「まるでロシア人の民族大移動のよう」 - K.Murano

2022/09/29 (Thu) 01:09:39

 一昨日27日付「ベラルーシの部屋ブログ」で辰巳雅子氏が「まるでロシア人の民族大移動のよう」だと感想を述べていたが、東京の正教聖堂などでも新顔のロシア人が目立ってきた、という噂を耳にした。

 私は(プーチンを見て)同じ独裁者の韓国の元大統領の朴正煕(パクチョンヒ)の末路について、少し、思いを馳せている。

 斉藤真理子『韓国文学の中心にあるもの』(イーストプレス、2022年7月16日初版第1刷)(1500円+税)。これは秋の夜長の読書の一冊としてお薦めします。

『七夕コンパ』 - 粕谷隆夫

2022/09/27 (Tue) 06:57:34

 札大校友会を長年まとめてきてくれた藤山会長の葉書です。

 札大露語の恩師たちもゆっくり眠りにつき、1~10期生も第4コーナーに差し掛かり、「暇と退屈の倫理学」を片手に人生を振り返る時になりました。四期生の小林女史(婦人論研究会・旧姓村岡さん)が、「もういちいち企画するのは面倒くさい。毎年七夕の日に集まることにします。だからこれからは年一回のコンパになります。会計は八期生の杉村/目黒に任せれば安心、以上」。

Re: 「優しい地獄」 - 粕谷隆夫

2022/09/28 (Wed) 11:21:18

 五歳の娘は寝る前にダンテ『神曲』の地獄の話を聞いてこう言った。

 「でも、今は優しい地獄もある、好きなものを買えるし好きなものも食べられる」。ビックリするのは、彼女が資本主義の皮肉を口にした年齢は五歳であった。

開花間近・金木犀 - 吉澤稔雄

2022/09/26 (Mon) 17:50:12

金木犀の開花が間近となりました。たぶん、明日には開花するでしょう。まぁ、ほぼ平年並みの開花ですね。間もなく金木犀の香りが街のあちこちで漂い始めます。

白線 - m. arita

2022/09/26 (Mon) 11:17:00

昔々は、スパイクタイヤでも削り取られていた。

あす - m. arita

2022/09/26 (Mon) 11:15:50

外交のため?

予備役とは45歳以前の「兵」と60歳以前の「将校」の兵役義務者 - K.Murano

2022/09/25 (Sun) 00:44:45

 先に「予備役とは45~70歳の兵役義務者」と掲げましたが、どうもすっきりしないので、昨日、神田神保町のバイト先でロシア人の同僚に尋ねたら、すぐに私とは別のロシア側のサイト(「論拠と事実」紙)で調べてくれました。

 その結果、私の翻訳の「45~70歳」は誤訳で、45歳「から」70歳「まで」、ではなく、45歳「以前」の年齢層の「兵」(軍で一番下の階級)と、60歳「以前」の年齢層の「将校」(下士官・準士官・尉官・佐官・将官)が、「予備役」の対象だとわかりました。

 すなわち、18~27歳の男性市民で1年間の(徴兵制の)兵役義務を終えた者はすべて、「予備役」に含まれています。

 ただし、年齢上限のことですが、ウィキペディアの「70歳」もあながち間違いとは言えず、(予備役の対象となる)将官クラスの年齢上限の中には「70歳」というのもあります。そういう記事も見ました。

 あと、私の訳で「軍人として登録されているか、登録される義務を有していて、予備役に編入されている、」もどうもすっきりしないのですが、これは、<軍人登録した者とこれからそうする者あわせて予備役>とご理解してください。
 
 

Re: 念のため - K.Murano

2022/09/25 (Sun) 11:12:38

 以下、念のため、先に私が誤訳したロシア語原文(省略が過ぎる不親切な表現)と、その不足を補っている別のサイトのロシア語文とを掲げておく。
 問題の部分を<  >で括った。

(誤)「予備役とは45~70歳の兵役義務者」
(正)「予備役とは45歳以前の「兵」と60歳以前の「将校」の兵役義務者」

 以下、各々に対応するロシア語原文。

(誤)Военнообязанные состоят в запасе <до 45-70 лет>.(出典:ロシア語ウィキペディア「兵役義務者」(Военнообязанные))
 
(正)Веннообязанные находятся на воинском учёте <до 45-60 лет (рядовые - до 45 лет, старшие офицеры - до 60 лет)>.(出典:「論拠と事実」紙HP)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━

 <  >内の前置詞 до は時間的限界、空間的限界を意味する「~まで」(to, up to, as far as)であるからして、「45~70歳の」、すなわち「45歳から70歳までの」という意味で、強引に誤訳してしまった小生に弁解の余地はない。上記のように、ウィキペディア・ロシア語原文の問題の個所が甚だシンプルなものだったとはいえ。

Re: 「予備兵」以外の動員も・・・ - K.Murano

2022/09/25 (Sun) 11:58:20

 今月23日付「ブログ・ベラルーシの部屋」で辰巳雅子氏が以下のように書いている。

     ━━━━━━━━━━━━━━━

 動員の対象は軍務経験のある予備兵に限られると述べていましたが、独立系ニュースサイトの「メディアゾナ」は兵役の経験のないまま召集された男性について伝えたほか、複数の独立系メディアも医師や看護師などの医療従事者や大学生などが招集されていると報じています。

     ━━━━━━━━━━━━━━━

 「兵役の経験のないままに召集された男性」とあるが、これは、18~27歳の男性市民で、1年間の兵役義務をまだ受けていない者が、即、戦場での「兵役勤務者」(Военнослужащий)となる、ということか。

 医療従事者など、兵役免除の職業部門の人々が「兵役勤務者」として、戦場に引っ張られていく、というのも、心配だ。

 ロシアは、どん詰まりに陥ってるのではないか。

あと10年なら30歳 - 粕谷隆夫

2022/09/24 (Sat) 07:11:59

 この方にはユーモアがありますね。子どもは誕生して10年で親孝行は済ましています。存在自体でね。

 私事ですが、小生には、息子と娘がいます。息子はこの12月に40歳になりますがいまだに独身。どうなることやら・・・。

予備役とは45~70歳の兵役義務者 - K.Murano

2022/09/22 (Thu) 22:29:43

 予備役から30万人ということだが、以下、ロシア語ウィキペディアの「予備役」の頁から、拙訳を掲げておく。

 70歳でも動員されるわけで、まさに総力戦。プーチン政権は好い加減「戦争」という語の禁句扱いをやめたらどうか。いつまでも、「特別軍事作戦」に固執している場合か。

 KGB学校では「ゾルゲ事件」はたぶん必修科目だったろうから、若き日のプーチンには、ゾルゲ(「ソ連邦英雄」)→尾崎秀実→満鉄→関東軍→満州「事変」(満州帝国)→支那(日華)「事変」という学習課程があったのではないか。

 1930~40年代の大日本帝国は国際連盟を考慮して「戦争」の文字を避け、「事変」という語を用いて国内向けに戦意高揚の宣伝をしたわけだが、今のプーチンは、そのやり方を踏襲しているのではないか。

 下記のウィキペディアの記述に従うならば、今回の予備役「30万人」とは45~70歳の世代となる。
 ロシア国内では「総動員令を避けた賢明な措置だ」という意見があるのかもしれないが、私には、ロシア連邦という国をますます「亡国」に近づける措置にしか思えない。ああ。

     ━━━━━━━━━━━━

 予備役の兵役義務者(予備役の状態の市民)とは、軍人として登録されているか、登録される義務を有していて、予備役に編入されている、男性もしくは女性のロシア、すなわちロシア連邦の市民のことである。

 兵役を解かれた人、すなわち、兵役義務者は、45~70歳までの予備役で構成され、退役時の階級(兵、下士官、準士官、尉官、佐官、将官)と予備役の等級(一等、二等、三等)とに従属し、(徴兵、召集などを業務とする)軍地方事務所で登録される。

 兵役義務者が住所変更する場合は、それまでの登録は抹消され、新住所の地域の軍地方事務所で登録される。

 ロシアの「国内パスポート」(市民証明書。14歳で交付、20歳と45歳で切り替え)には「兵役義務者」という判が捺される。

      ━━━━━━━━━━━━

Re: 補足 - K.Murano

2022/09/22 (Thu) 23:01:58

 上記の冒頭に、「ロシア語ウィキペディアの「予備役」の頁から、拙訳を掲げておく。」と書いたが、厳密には、「予備役」(Запас)ではなく、「兵役義務者」(Военнообязанный)の頁から、和訳した。

 というのは、そちらの頁にのみ、「予備役の兵役義務者」の記述があったからである。

 なお、同じくロシア語ウィキペディアの「兵役義務」(Воинская обязанность)の記述によれば、ロシアでは、1998年制定のロシア連邦法「兵役義務と兵役について」に基づき、「18~27歳の男性市民」に対して「12カ月」の兵役義務がある。

Re: 補足(2) - K.Murano

2022/09/23 (Fri) 17:37:05

 プーチン大統領が今月21日に署名した「部分動員令」はロシア大統領府のHPでロシア語全文が案内されているが、全10項のうち、第7項だけ抜け落ちている。

 本日最寄り駅改札口そばのキオスクで買った東京新聞(朝刊)(本日は秋分の日なので夕刊はなし)から、この第7項がらみの記事を引用しておきたい。

      ━━━━━━━━━━━━

 (同紙第4面「国際」の「ロシア、動員目標100万人か」の記事から)

 部分動員令の第七項は開示されておらず一部で懸念が出ていたが、ぺスコフ大統領報道官は「召集される可能性のある予備役の数」とだけ説明していた。

 「ノーバヤ」(ロシアの独立系メディア「ノーバヤ・ガゼータ(新新聞)・欧州」(電子版))が大統領府関係者の情報として伝えたところでは、第七項は「何度かの修正を経て最終的に(動員数が)百万人になった」という。

 実際の動員数は、公表数(「30万人」)の三倍超に達する可能性があり、内外で波紋を呼びそうだ。ぺスコフ氏は22日、ノーバヤの報道を否定した。

     ━━━━━━━━━━━━

 (同じく同紙第4面「国際」の「1400人拘束、出国の動きも」の記事から)

 独立系メディアによると、西部クルスク州の軍事委員会は、予備役の男性が22日から州を離れることを禁じ、州外にいる者は3日以内に戻るよう命じた。同州からは最大3千人が召集される計画。「(兵役などの)経験を忘れていない」との理由で、30歳未満の男性から戦地に派遣されるという。

 プーチン氏は予備役全体の1.1%に相当する30万人が対象としているが、詳細は明らかにされず社会に動揺が広がっている。

      ━━━━━━━━━━━━

 すぐ上の記事に「予備役全体の1.1%に相当する30万人」とあるが、予備役全体の人数の方はそんなにも多いのか。
 
 また、上記の記事では、クルスク州では「予備役」の中から「30歳未満の男性から戦地に派遣される」とあるが、このことと、先に引用した「予備役とは45~70歳の兵役義務者」とのウィキペディア記事との整合性はどうなるのか。

 もしかして「予備役」とは、徴兵制での1年間の元軍隊体験者と、職業軍人の退役者と、全部をひっくるめて言っているのか。

キツネは何て鳴くんだ? - m. arita

2022/09/22 (Thu) 17:23:35

イルビスと北海道日本ハムファイターズガールズのコラボは音楽業界へ。
20日のNHK番組「うたコン」で初めて「ザ・フォックス」の全曲を聞いた。

Re: ヒグマダンスじゃなかったか - 粕谷隆夫

2022/09/23 (Fri) 06:36:32

 NHKラジオ深夜便で、今日(23日)の花は曼珠沙華(彼岸花)、花言葉は再会。

 日にちは忘れましたが、BS1、午後5時30分のクローズアップ現代では、「謎のヒグマ・OSO18を追え!」でした。

Re: もう全国版 - 粕谷隆夫

2022/09/26 (Mon) 07:41:31

 またまた再登場。もはや全国版ニュース。夜間では、猟友会の銃は沈黙するばかりですか。

 しかし石狩当別のフクロウ湖周辺も危険かな。

Re: 緑地帯 - m. arita

2022/09/26 (Mon) 12:52:42

北海道は「緑」が多いです。
粕谷さん
羊ヶ丘から痕跡の道路を直進すると「ツキサップじんぎすかんクラブ」に行けます。

「ひどい時代には、行状もひどくなる」(ケストナー) - K.Murano

2022/09/21 (Wed) 20:33:56

 先の粕谷氏の「腐れトップばかりかね」(2022/09/15)の後に「戦火の下での「蛮行」」(09/16)と「戦火の下の前田利為/日韓海底トンネルの闇」(09/18)とを投稿した。
 後者で引用した鎌田慧氏の文章の末尾は「奇妙な、暗い世界だ」であるが、これを目にした時、「ひどい時代には、行状もひどくなる」という文句を思い出した。
 エーリヒ・ケストナー(1899-1974)著『終戦日記一九四五』(岩波文庫、2022/06/15第1刷発行)を今夏、読んでたのだが、冒頭の「ベルリン 1945年2月7日」の記述に出てくる文句である。以下、そこから少し引用しておきたい。

 空襲下のベルリンを逃れた繊維商がこの日、疎開先の「田舎家」で友人らを集めて宴会を催す。

     ━━━━━━━━━━━━━━━

 ハーフェル川畔の田舎家で、みんなで笑い、たらふく食べる。赤軍の戦車がフランクフルトとキュストリンのあいだ、つまりオーダー川まで達しているというのに。
 みんなでシャンパンを飲み、踊り明かす。きのうは一千二百機の爆撃機が爆弾を落とし、そのあいだシャルロッテンブルグ区やヴィルマースドルフ区の地下に籠っていたというのに。
 みんなで輸入タバコを吸って、ポーカーに興じる。周囲では東部から着の身着のまま逃げてきた人たちが行列を作っているというのに。
 変装して、仮面をつけ、即興でカバレットのまねごとをする。ここからそう遠くないブランデンブルクとオラーニエンブルクでは囚人たちに希望が芽生え、収容所長たちはふるえはじめているというのに。
 半ば変装したまま、わたしたちはなみなみと注いだグラスを手に家から出ると、暗闇に立ってポツダムの方角を見る。ゆっくりと音もなく敵の照明弾が落ちていく。

(中略)
 
 みんなでごちそうを食べ、笑い、踊り、ポーカーをし、いちゃつき、変装し、正体を明かす。船が沈むことを知りつつ。
 幻想を抱く者などひとりもいない。次の大波で船の上から流されるだろう。だれも同情心など持ち合わせていない。溺れる者が助けを求めている?
 「手は貸せない。踊っている最中なのでね!」
 快楽は良識よりもしぶとい。船が沈むのだ。信仰問答などしている場合ではない。極地探検家はいよいよとなれば同行している科学者を食べるという。ひどい時代には、行状もひどくなる。

   ━━━━━━━━━━━━━━━━

 上記、「ひどい時代には、行状もひどくなる」という慨嘆(?)を生んだ、その宴会に、ケストナー自身も参加していることに、ご注意。

 ケストナーはナチス「第三帝国」にとどまり、二度ゲシュタポに捕まったが、生き延びた。ナチスが自分らに気にくわない図書を路上に山と積み上げて火をつけた「焚書事件」の際には、群衆に交じって、自分の著作が燃やされる光景をみつめていた。

Re: 本日(9/21)は「国際平和デー」だけれども・・・ - K.Murano

2022/09/21 (Wed) 22:07:13

 以下、認定NPO法人「AAR Japan 難民を助ける会」のメール文から。

 この団体は「国連に登録された日本生まれの国際NGOです。世界16ヵ国で災害や紛争の緊急・復興支援を行ってい」る。

      ━━━━━━━━━━━━

 9/21は、国際平和を祝うために国連が制定した記念日です。「世界の停戦と非暴力の日」として、すべての国と人々に、せめてこの1日は敵対行為を停止するよう働きかけています。

 各地では、平和祈念の祝典やイベントが開かれるなど、国際平和を願う声が高まっています。今日は、世界と繋がり国際協力に参加するいくつかのヒントをご紹介します。

(中略)

 AARの活動が始まってから40年余り。67歳の時に団体を創設した相馬雪香(後略)。

      ━━━━━━━━━━━━

(以下、ウィキペディアから)

 相馬 雪香(そうま ゆきか、1912年〈明治45年〉1月26日 - 2008年〈平成20年〉11月8日)は、日本の平和活動家。
 「憲政の神様」と言われた尾崎行雄の三女であり、欧州を回る父に随行し、通訳を務めた。
 戦後は道徳再武装(MRA)運動などの社会活動に取り組むと共に、民主主義と議会政治の普及に尽力した尾崎行雄の理想の普及を目的とした「尾崎行雄記念財団」の副会長を務めた。
 また、インドシナ難民救済のために「難民を助ける会」を設立し、対人地雷廃絶に向けた活動、子供や障害者への援助に取り組んだ。
 他にも多くの団体の要職を務め、世界各地で活躍した。「日本のNGOのパイオニア」とも呼ばれる。
1933年(昭和8年)に帰国後、1937年(昭和12年)に旧相馬藩・相馬家の当主である相馬恵胤(旧陸奥中村藩主の相馬子爵家32代当主)と結婚した。

     ━━━━━━━━━━━━

 本日(09/21)、ロシア連邦プーチン大統領が「部分的動員」(частичная мобилизация)の宣言をした。動員の対象は30万人、と日本のTVでは報道されている。

 オジェゴフ標準ロシア語辞典にも、<Мобилизация>(モビリザーツィヤ)の語義の中に「戦争の時に予備の兵役義務者を軍に召集すること」が含まれている。            「特別軍事作戦」ではない、ロシア国内で禁じられている語「戦争」だ。

 それにしても、プーチンは、国連が定めた「国際平和デー」の本日9月21日に、わざとこの動員令の発布を定めたのだろうか。

Re: 歴史を知らないと・・・ - 粕谷隆夫

2022/09/22 (Thu) 07:56:04

 前々から何の意味なんだろうと疑問に思っていましたが、あの十字は、コサックのシンボルでしたか。

 歴史を知らないと「細部の意味」がまったくわかりません。

北海道の市 - m. arita

2022/09/21 (Wed) 12:22:32

現在市の数は、34市と政令市の札幌市を加えて35市。
(過去には、2年間ほどで函館市に編入合併された亀田市がありました。)

大正15年-沼貝町が美唄町に改称。
昭和17年-野付牛町が市制施行・改称して北見市に。
栗沢村は明治25年岩見沢村より分村、平成18年岩見沢市に編入

夕張市の人口推移
明治33年(1900年) 10,954人
大正14年(1925年) 48,697人
昭和35年(1960年) 116,908人
令和 2年(2020年) 7,334人


㊟ 記事の8割以上がカットされています。

Re: 百年記念塔の解体? - 粕谷隆夫

2022/09/22 (Thu) 07:31:13

 1960年(昭和35年)には11万7千人の人口が2020年(令和2年)には7千3百人、すなわち夕張です。今年の6月と7月、なぜか夕張周辺をうろついていましたが、寂れたとはいえ、非常に魅力的な大気に包まれていた感覚が忘れられません。道立野幌森林公園に立ち寄り、「北海道百年記念塔」を久しぶりに眺めました。蝦夷地が北海道改称された1869年(明治2年)から100年を記念して計画され、1970年に完成しました。小生が大学に入学した1972年に出会いました。あの広大な野幌に忽然と立ち上がった姿は、石狩の大地のシンボルです(今でも)。

 高さは100m。北海道開拓に血と汗を流した祖先への感謝と慰霊、そして明るい未来を展望する。総工費5億円の半分が道民の寄付でまかなわれたと知りました。すすきので一杯やっていたとき、「あの塔、解体されるのよ」と聞かされ、「え!」。「気が付かないの、北海道開拓記念館も北海道博物館に名前が変わったでしょう」、「なんなんだ、それ」。

 北海道が故郷の藤岡信勝氏の文章でいろいろ知りましたね。「開拓」を「禁句」とする「閉ざされた言語空間」が北海道に生まれつつある。小生もあれから50年、記念塔も50年。建設されて66年になる札幌テレビ塔には解体の話は出ていない。もちろん100年記念塔も問題はないと専門家は言っている。この破壊を目指すパッションはどこから生まれるのかわけがわかりません。

 氏は書いているが、競争入札にもかかわらず、同じ業者が独占して調査を受託し、文言やデータをコピペ(小生もこの単語を知っています)して使い回している。今、解体工事の差し止めを求める行政訴訟の準備が道民の手で進められているという。

予想は外れました - 粕谷隆夫

2022/09/20 (Tue) 06:13:44

 朝晴れエッセイ8月の月間賞は「世界の音」でした。わたしは「大観覧車」だと予想したのですが・・・。

 あの耳に入れている白い機械は、ワイヤレスイヤホンでしたか。

 「遥かなる山の呼び声」の続編、ハッピーエンドで良かったです。

Re: 次席作品でした - 粕谷隆夫

2022/09/20 (Tue) 07:27:28

 「大観覧車」も健闘しました。

 「若くて元気だった妻と全力で子育てをしていた夏の一日だった」。しかし四つ子とはね。

Re:さわやかウインドー - 粕谷隆夫

2022/09/21 (Wed) 06:54:14

 この14号台風で九州の椎葉村に被害が出て驚きました。あの柳田国男の名著「後狩詞記」の舞台です。NHK/BSの「さわやかウインドー・椎葉村」は録画していて時々見ます。バックの音楽もいいですが、なんと言っても映像がやさしく、昔の日本の山村の晩秋の生活とその香りが画面から飛び出してきます。家族の基本が浮びあがります。

 朝晴れエッセイの9月の作品、おそらくこの「姪からのお中元」が選ばれるのでは・・・。

英語とエリザベス女王と私(後編) - 天道公平

2022/09/18 (Sun) 11:56:15

「お前、これが何だか分かるか?」
「うん、分かる。エリザベス女王に手紙書いたんだ、その返事。」
私の口から出たその返答に意表を突かれたのだろう、父はまさに狐につままれたような表情をしていた。

さて、その返事の内容だが、いたって事務的なものであった。「女王陛下の命により、私があなたの手紙への返事を書くことになりました。」と書き出され、「陛下は大変お忙しい方ですので、あなたの質問に丁寧に答える時間がありません。日本には英国大使館がありますので、今後は、陛下に直接手紙を送るのではなく、大使館の方に問い合わせるようにして下さい。きっとあなたのお役に立つことと思います。駐日英国大使館の住所と電話番号は以下の通り······
P.S. あなたの英国留学の夢が実現することを祈っております。」

何の変哲もない短い手紙だったが、この返書は私に無上の嬉びを与えてくれた。

私の英語は英語塾や英会話教室に通って身に付けたものではない。全くの独学である。小学生の時から一人コツコツと学んできたものである。それが通じたということ、今までの努力が報われたということ、それが何より嬉しかった。

私の下手くそな英語の手紙に、本場イギリスの大人が何の得にもならないというのにきちんと返事を書いてくれたことも私を感動させた。

考えてみれば当たり前のことだが、私の手紙はバッキンガム宮殿に届いたのであって、エリザベス女王の手元に届いたのではない。極東の島国の中学生が出した一通の手紙に対し、丁重な返書をしたためる習慣が根付いている国なんだ、さすが大英帝国だな、と思った。七つの海を支配していたというのも伊達ではないなと思ったのである。

エリザベス女王宛ての手紙を私は航空便で出したが、返事は船便で届いた。ということはつまり、私の手紙は、イギリスを出た後大西洋を南下し、ジブラルタル海峡から地中海へ入り、スエズ運河を通って紅海に出てインド洋を横断し、東南アジアの島々の間を通り抜けてはるばると日本にまで運ばれてきたわけである。地球を半周する長い長い旅路を経て私の手元に届いたその手紙を眺めていると、私は言い知れぬ感動を覚えた。イギリス王室の紋章入りのその封筒と便箋は私の宝物になったことは言うまでもない。

追記∶寸時に繋がってしまうインターネットの時代には、私の味わった嬉びを実感として経験することはもはや出来ないであろう。テクノロジーは世界を変えてしまう。

AIR MAIL - 吉澤稔雄

2022/09/18 (Sun) 17:58:34

小生も昔アメリカ人の女の子と文通していたことがあり、それを懐かしく思い出しました。中学1年から高校2年まで文通は続きました。

月に1度か2度届く手紙の返事を書くのに、毎回文例集と首っ引きで英作文に没頭しました。それでも便箋1枚を埋めるのがやっとでしたね。お陰で英語力はこれでだいぶ鍛えられましたが……。

今の時代なら、Skypeか何かでネットを介して会話の練習もできそうですが、当時は手紙しか通信手段がなかったですからね。

メールやSNSも便利ですが、やはり手書き文字の手紙はいいですよね。半世紀以上前に文通相手からもらった手紙の一部はまだ手許に残っています。

Re: 風立ちぬ - 粕谷隆夫

2022/09/19 (Mon) 06:56:41

 前にも少し書きましたが、北海道・極東スポーツ親善大会があり、簡単な通訳バイトをもらいました。彼らが帰国したあとに、やはり文通が生じました。それがすべて葉書の形でしたね。資料室で「たしかに残っているはずだが」と独り言をいいながら探したが出てきません。

 この9月末が「せせらぎ」の原稿締切なのでドタバタ。創作、漢詩、俳諧と川柳、翻訳などとみなさん骨太の形式をものにしているが、こちらは雑文のみ。「粕谷さん、気楽な文章でいいのよ」と福島編集長は慰めてくれていますが。

 今朝、吉澤編集長の「AIR MAIL」を拝読し納得しました。高校時代、われわれは彼のことを、「おう、堀辰雄」と呼んでいました。卒業の時、彼は「粕谷、これは俺の記念品だ」と言って手渡したのが『堀辰雄集』。昭和42年12月5日初版発行。定価480円。

 53年後の今判明しました。「このアメリカの切手、なんでベタベタ貼ってあるんだ」ということが・・・。

Re ∶後日譚①イギリス大使館編 - 天道公平

2022/09/20 (Tue) 12:43:19

せっかく住所を教えてくれたのだからと思って、イギリス大使館に手紙を書いてみた。地方の中学生からの手紙が舞い込むようなことはおそらく珍しいことだったのだろう、すぐに返事が届いた。

いったい何が入っているのだろうと思いながら開封してみると、1冊の本が入っていた。゛The Monarchy in England ¨というタイトルの本だった。

私はエリザベス女王に関心があるのであって、イギリスの君主制に興味があるのではない。私の質問の意図を読み違えた大使館員の計らいで手にすることになってしまったこの本は、とても中学生の手に負えるような本ではなかった。

しかし、何しろ私が初めて頂いた英語の本のプレゼントであるから、それはそれは熱心に読んだものである。読んだ、といってもそれはもはや読書といえるような行為ではなく、暗号解読という作業に近いものであった。

徹底的に辞書を引きまくり、関連文献を図書館から借りてきて読みまくり、それでもよくわからない時は学校に持っていって英語や社会の先生に質問した。そして失望させられた。

地方の公立中学校の英語教師にイギリスの君主制に興味を持っている教師はいないし、英語文献を自在に読みこなすような社会科教師もいない。(麻布中学で山口昌男の薫陶を受けた川本三郎、などというのは例外中の例外ともいうべき学習環境である。)

自力で調べるしかないと悟った私は、ますます“The Monarchy in England ”に集中することになり、結果的にはこの本が私にとっての『ターヘル・アナトミア』となった。この本を一冊読み終えた時の私の英語力は、もはや中学生レベルのものではなくなっていた。

Re: 後日譚②アメリカ大使館編 - 天道公平

2022/09/20 (Tue) 13:55:26

イギリス大使館の対応を考えると、他の大使館も同じような対応をしてくれるのではないかと思った私は、アメリカ大使館にも手紙を書いてみた。

同じように一冊の本が送られてきた。それが何と、ジョン・スタインベックの“America and Americans ”であった。私の質問に対する何と適切な応答であったことか!むさぼるようにして読み、お礼を兼ねて感想を書いて送った。

高校に進学した4月のある日のこと、我が家に〈TIME〉が送られてきた。それから毎週〈TIME〉が届くようになった。もちろん私は定期講読の申し込みなどしていない。心当たりのある親類縁者には全て訊いてみたが誰一人として知っている人はいなかった。いったい誰がお金を払うんだろうと心配だった。一度も代金を請求されることもなく、それが大学に進学するまで3年間続いた。

あの〈TIME〉はいったい誰の配慮によるものだろう?真相は藪の中だが、私の出した結論は、アメリカ大使館のご厚意によるものではなかったか、というものである。 

「手紙をくれたあの中学生も今年から高校生か。そろそろ〈TIME〉も読みこなせるようになるだろう。勉強の手助けに毎週送ってあげることにするか。」ということだったのではなかろうか?

私の手紙に対して、スタインベックを送ってくれた〈あの人〉しか思い当たる人が誰もいない。

Re: 後日譚③フランス大使館編 - 天道公平

2022/09/20 (Tue) 14:56:20

英米両大使館の反応で味をしめた私は、次いでフランス大使館にも手紙を書いた(愚かにも英語で!無知な中学生のやりそうなことである)。

送られてきたのは、「エッ!こんなものをタダで貰っていいの?」と思うような立派な写真集であった。フランス各地の四季折々の風景に短いフランス語のコメントが添えられた素敵な写真集であった。

後年、私がフランス語を専攻するようになった要因を遡っていけばこの写真集にたどり着く。

フランス語とフランス文化の普及に関しては国家レベルでの努力を惜しまない国の出先機関であるフランス大使館ならではの対応というべきだろう。人の心を掴み、フランス文化に靡かせるにはどのようなものが効果的かを知り尽くしたうえのプレゼントだったと思う。その戦略に私はうまうまと乗せられたわけである。

Re: 後日譚④⑤⑥······ - 天道公平

2022/09/28 (Wed) 21:29:10

この後日譚の大使館シリーズは④⑤⑥······と続けるつもりだったが、いざ書こうとしてみると、記憶があまりにも曖昧で錯綜していて、とても文章にはならないことに気が付いた。

私の質問に対して、関連項目を英語の百科事典から借用してコピーして送ってくれたのは、西ドイツ大使館だったかスペイン大使館だったかもう思い出せない。

カンガルーやコアラの絵葉書を送ってくれたのは、オーストラリア大使館だったかオーストラリアのラジオ局だったか定かではない。

アジアン・テイスト満開の切り絵を送ってくれたのは、中国大使館だったか北朝鮮の日本語放送のスタッフだったかもう覚えていない。

要するに、英米仏大使館が送ってくれた本ほどのインパクトを私に与えていない、ということなのだろう。人の記憶とは現金なものである。

川柳 - 粕谷隆夫

2022/09/18 (Sun) 07:07:52

 われらの友、川上兄の川柳入選作。

   ● わが団地 紅葉マークで いつも秋

 一週間に一度、新聞に掲載される「テーマ川柳」は切り取っています。

黒岳 - m. arita

2022/09/16 (Fri) 16:17:48

今年も秋の始まりのお知らせ


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.